写真

ヒメオドリコソウとホトケノザ

コメントする

ヒメオドリコソウとホトケノザは、どちらも同じ属なので似ていていつも迷ってしまいます。私の覚え方は、ミントに似たヒメオドリコソウと、仏様が乗っている蓮華座に似たホトケノザです。

ヒメオドリコソウとホトケノザを見分けられますか? ヒメオドリコソウとホトケノザのどちらかであることは花を見てすぐわかるのですが、そのどちらかであるか良く迷います。

CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747 (クラブリネア L747) 21インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:17 DISK TYPE:SUPER LOW カラー:ブロンズクリア [ホイール1本単位]/H,[#tong##]

■商品詳細 メーカー名:CRIMSON (クリムソン)商品名:CLUB LINEA L747 (クラブリネア L747)カラー:ブロンズクリア (BRC)サイズ:21インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:17DISK TYPE:SUPER LOWハブ径:73φ ■適応について 適合情報に関しまして:適合に関しましては、メーカー推奨サイズ(カスタムサイズ)となる場合が御座います。お問い合わせは、ご注文前にお願いいたします。お問い合わせの際は、車種/型式/年式/エンジン型式/駆動方式/標準タイヤサイズ/グレード等をご記載下さいませ。 注意事項:ホイールのみ単品1本の商品となります。タイヤはセット内容にふくまれませんのでご注意下さいませ。タイヤを別でご購入等の場合、組み付け料等が別途ご必要となりますので、予めご了承下さいませ。4本(1台分)ご注文にて送料無料となります。 ■ご注意 ■送料について・4本(1台分)ご購入の場合は 送料無料にてご対応をさせていただきます。※ご注文後に送料修正となります。・1台分お求めでない場合、1本あたり1,500円の送料が発生いたします。■画像について・画像はイメージです。インチ数、ナットホール数(4穴、5穴等)は商品名通りです。・また 商品画像は共通画像となっております。商品により、デザイン・形状・色合い等が異なる場合が御座います。予めご了承ください。タイヤ・ナット等は含まれません。【返品/キャンセルについて】・お客様の思い違いによるミスマッチの返品には応じられませんので、適合をよくご確認の上お求め願います。【納期について】商品はメーカーさんよりお取り寄せとなります。メーカー欠品時を除き 発送までに約4日(土・日・祝日・メーカー休業日除く)ほどお時間を要します。

9.5J カラー:ブロンズクリア TYPE:SUPER カラー:ブロンズクリア [ホイール1本単位]/H CRIMSON(クリムソン) LINEA L747 [ホイール1本単位]/H (クラブリネア 21インチ 穴数:5 L747) DISK CLUB inset:17 LOW PCD:115

それもそのはずヒメオドリコソウとホトケノザはどちらも同じシソの仲間で、分類学上ではシソ科オドリコソウ属に分類されています 。これならば花の形も似ていることに納得です。

見分けるポイント

ヒメオドリコソウとホトケノザを見分けるポイントは、葉の形と上部の葉が赤ジソのように紫色になっているか、そして花の付いている間隔です。

ヒメオドリコソウ
  • 葉の形:先がとがった三角形に近い葉 【店舗取付サービス】【スペーシア シルクブレイズ】スペーシア カスタム MK32S Lynx REAR WING メーカー純正塗装済品 ブルーイッシュブラックパール3 (ZJ3)。毛が生えてチミントに似ている 【送料無料】 195/45R17 17インチ KYOHO 共豊 シュタイナー WX5 7J 7.00-17 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747S (SLP) 20インチ×10.5J PCD:130 穴数:5 インセット:32。
  • 頂部の葉色:赤紫色になっていることが多い。ただし緑色の葉の個体もある。
  • 葉の間隔:密に詰まっている。
ヒメオドリコソウ
ホトケノザ
  • 葉の形:丸みを帯びたハスの花のような葉。
  • 頂部の葉色:緑色。開花時期には頂部に花が咲いていたり蕾が見える。
  • 葉の間隔:開いていて、軸が見える。
ホトケノザ

名前からは、ヒメオドリコソウの方が同じオドリコソウ属のオドリコソウに似ていますが、見た目ではホトケノザの方がオドリコソウに似ています。

ちなみにこのホトケノザは、春の七草に出てくる「ホトケノザ」とは別の種だそうです ドレミコレクション キャブレターリペアキット W3 一台分 21041 JP店。春の七草の「ホトケノザ」は、キク科のコオニタビラコだそうです。

ヒメオドリコソウは海外から来た帰化植物

ヒメオドリコソウは、元々ヨーロッパに自生しており、明治中ごろに日本にやってきた帰化植物だそうです。それに対してオドリコソウとホトケノザは自生種です Spoon リジカラ フロントのみ [ベンツ GL63 AMG X166 166874 2013/4~] スプーン リジカラ 新品。

これは私の想像ですが、近年日本に入ってきたヒメオドリコソウは科学者が分類学的にオドリコソウの親戚で小さいからという風情の無い理由で「ヒメオドリコソウ」と名付けたのではないでしょうか。